So-net無料ブログ作成

理科の授業で水ロケットを打ち上げました [4年生]

 4年生の理科の授業では「とじこめた空気と水」の単元の学習の最後に毎年水ロケットを打ち上げています。

 ペットボトルに4分の1くらいの水を入れて,ペットボトルの口に穴をあけたゴム栓をつけ,そこに自転車の空気入れをつないで,空気を押し込みます。ペットボトルの中に空気が入れば入るほど,その空気が押し縮められて,元に戻ろうとする力が大きくなります。やがてゴム栓がはずれて,中の水が勢いよく吹き出します。その力で,ペットボトルが空高く打ち上がります。

sDSCF6802.jpg

 ペットボトルが飛び出す瞬間です。速すぎてよく見えませんが,飛び出したペットボトルが写っています。

sDSCF6825.jpg

 水を吹き出しながら飛んでいく様子がよくわかります。

sDSCF6811.jpg

 これも,飛び出した瞬間です。

sDSCF6800.jpg

発射した瞬間は,そのあまりの勢いに体が反射的にこんなふうになります。

この日は,強い日差しも風もなく,とてもおだやかな天気で,外で水ロケットを飛ばすには絶好の条件でした。

最初は,少しこわがっていた子どもたちも,何回も何回も打ち上げては,歓声をあげていました。

nice!(2) 

nice! 2