So-net無料ブログ作成
検索選択
部長室より ブログトップ
前の10件 | -

足尾植樹祭 [部長室より]

 5月27日、足尾植樹祭に参加してきました。松木渓谷で行われるこの植樹祭は今年で16回目を迎えるそうです。作新学院では、中等部が平成15年度から参加、小学部は6年前から中等部のお誘いで参加するようになりました。今では小・中・高一緒に植樹活動を行っています。 今年は小学部から児童7名、教員2名が参加しました。

 昨夜からの雨は学院を出発する時にも止む気配がなく、植樹活動ができるのか心配でしたが、現地に着くとパアと腫れ上がり、雨に洗われた緑が鮮やかでした。植樹の作業もお日様の下でできました。  

 開会前の小学部の子どもたち。

 mini_IMG_4946.jpg  

 開会式終了後、一人一本、「馬酔木」の苗を植えました。雨を含んでずっしりと重い苗を両手でそっと植え、丁寧に土をかぶせる子どもたち。

 mini_IMG_4952.jpg

 mini_IMG_4953.jpg

 mini_IMG_4955.jpg

 mini_IMG_4956.jpg

 mini_IMG_4959.jpg

 mini_IMG_4958.jpg

 mini_IMG_4960.jpg

 

 一緒に植樹作業をした13班のメンバーです。

 mini_IMG_4964.jpg 

 

 現在、中等部の3年生。小学部の卒業生です。小学部の時からこの植樹祭に参加。中等部に入っても毎年参加し、今年で6回目という生徒もいます。

 mini_IMG_4966.jpg


 植樹終了。各班毎に記念撮影。

 mini_IMG_4972.jpg 


 さあ、これから待ちに待ったお弁当です。朝の早い出発だったし、おいしい空気をたくさん吸ってすっかりお腹がすきました。中等部や高等学校のお兄さんやお姉さん、保護者の方、先生方と一緒に。

 mini_IMG_4986.jpg 

 現在の松木渓谷にはずいぶん緑が戻ってきましたが、平成15年、植樹のために初めて足を踏み入れた時、山々は赤茶色の禿山でした。ここが緑に覆われる日が本当に来るのだろうかと、やって来るとしてもその日はずいぶん遠い先のことだろうと、気が遠くなるような思いがしたものです。 しかし、今、松木渓谷の広い範囲に緑が茂り、夏の爽やかな風が樹間を吹き抜けていきます。  

 毎年、植えるのは一人たった一本の苗です。しかし、大勢で、何年も何年もその行為を繰り返し、多くの山が緑で覆われるまでになりました。積み重ねること、続けること、…大切ですね。

 mini_IMG_4969.jpg 

nice!(0) 
共通テーマ:学校

乳がんセミナー [部長室より]

 5月23日・24日、小学部のオープン教室で「乳がん出張セミナー」を開催しました。どちらの日も2時間目の授業参観終了後、引き続きセミナーを行い、大勢のお母様方に参加していただきました。

mini_CIMG8248.jpg

mini_CIMG8242.jpg

mini_CIMG8249.jpg

 「乳がん」は最近よく話題になりますし、誰しも(特に女性は)多少なりとも関心をもっているのではないでしょうか。とはいえ、なかなか専門の先生からお話を聴く機会もなく、なんとなく他人事のような感じで日々を過ごしている…、それが現状ではないかと思います。そんな中で、この度、宇都宮セントラルクリニック様のご厚意でセミナーを開催することができたのは本当に幸いなことだと感謝いたしております。

 講師の先生は宇都宮セントラルクリニックの竹原めぐみ先生(日本乳癌学会乳腺専門医・指導医)。演題は「乳がんについて学ぶ ~行こう、受けよう、乳がん検診~」。「乳がん」について正しく知ること。「乳がん」は他人事ではないこと。早期発見・早期治療が重要、そのためには検診が大切。竹原先生はわかりやすくお話しくださいました。お母様方もメモを取りながら真剣に聞いていらっしゃいました。

 子育て真っ最中のお母様方です。ご自分のためにも、そしてお子様のためにもご自分の身体を大切になさってください。  

nice!(2) 
共通テーマ:学校

幼稚園の運動会(金管クラブの活躍) [部長室より]

 10月2日(日)は、作新幼稚園の運動会でした。9月は雨の日が多く、小学部も中等部も、運動会の会場を変更したり種目を割愛したりと実施するために苦慮しましたが、学内で行われる最後の運動会である幼稚園の運動会は見事な晴天の下、実施することができました。

 青空の下で、園児たちは思い切り走ったり、踊ったり。時折吹き過ぎてゆく風が爽やかな、まさに運動会日和でした。

 さて、その作新幼稚園の運動会に小学部の金管クラブが今年もお手伝いに伺いました。開会式での、小学部金管クラブの演奏は今や欠かせないものになっています。

 早朝に集合。音だし、チューニングの後、開会の合図を待ちます。

 mini_IMG_4208.jpg

 mini_IMG_4214.jpg

 mini_IMG_4222.jpg

 mini_IMG_4210.jpg

  開始を待つ間にはこんな笑顔も。

 mini_IMG_4220.jpg

 「さあ、園児の入場です。」のアナウンスとともに、高々と鳴り響くファンファーレ。金管クラブのファンファーレで運動会は始まります。

 mini_IMG_4229.jpg

 mini_IMG_4230.jpg

 他に、「星条旗よ永遠なれ」「ミッキーマウスマーチ」「学院歌」等、全6曲を演奏しました。

 さて、作新幼稚園の運動会で活躍が光るのは小学部の金管クラブ児童だけではありません。

 高等学校軟式野球部のお兄さんたちも大活躍です。

 演技種目№1「とちまるくん体操」

 mini_IMG_4239.jpg

 園児たちと一緒にお兄さんたちも可愛く踊ります。

 mini_IMG_4238.jpg

 用具の準備、グラウンドの整備、競技の審判のお手伝い等、八面六臂の活躍ぶりです。

 mini_IMG_4241.jpg

 これぞ、「作新学院」の校風、「一校一家」ですね。


nice!(0) 
共通テーマ:学校

創立記念日(街頭募金) [部長室より]

 9月28日は作新学院の創立記念日です。作新学院は明治18年創立、今年で131周年を迎えます。

 小学部の集会では、創立記念日恒例の「校内読書感想文コンクール」の表彰などを行いました。総合体育館で行われる創立記念式典は10時から、各クラスの代表者が参加しました。

 mini_IMG_4205.jpg 

 リオデジャネイロ五輪での萩野公介さんの金・銀・銅3個のメダル獲得と、今年度夏の全国高校野球選手大会での作新高校硬式野球部全国制覇を記念して作成されたクリアファイル、児童・生徒全員が頂きました。小学部からは、小学部の制服を着たかわいらしい「さくしろう」クッキーが創立記念日をお祝いして配られました。

 午後は、今や、すっかり作新学院創立記念日の恒例行事となった街頭募金が行われました。今年は、高等学校生徒会やecoプロジェクト・チームテレサ、ボランティア部などの高等学校や中等部の生徒に交じって、初めて小学部児童も街頭に立ち、街行く人々に募金の協力を呼びかけました。

 創立記念日の前後には、学院内でも「東日本大震災及び熊本地震復興支援」のための募金活動が行われ、小学部内での募金活動は生活委員会の児童が中心となって行いました。創立記念日当日の街頭募金は5・6年生の中央委員が中心となって活動しました。

mini_IMG_4167.jpg

 小学部の児童たちの活動場所はオリオン通り(東武百貨店前)です。12時30分活動開始。

mini_IMG_4168.jpgmini_IMG_4170.jpg

激励に来て下さった院長先生と一緒に。

mini_IMG_4166.jpgmini_IMG_4183.jpg

mini_IMG_4189.jpg

 募金に協力したいからと、下校後、保護者や兄弟と一緒にやってきた小学部児童や作新幼稚園児。

 夏の甲子園で大活躍した野球部のお兄さんたちも街頭に立って協力を呼びかけました。

 mini_IMG_4176.jpg

 野球ファンに取り囲まれています。シンボルロード交差点(オリオン通り)や二荒山神社大鳥居前でも大人気。

 mini_IMG_4192.jpg

 mini_IMG_4180.jpg

 小学部児童の募金箱に協力してくれた高等学校のお姉さん。嬉しいです。

 mini_IMG_4200.jpg

 最初は恐る恐る声を上げていた児童たちも、慣れてくると大声で協力を呼びかけます。

 mini_IMG_4203.jpg

 理事長先生と。

 午後1時30分、活動終了。たくさんのご厚意や温かい声掛けを頂いた小学部児童。貴重な体験をさせていただきました。

 募金にご協力下さった皆様、応援の声掛けをしてくださった皆様、ありがとうございました。

 被災地の復興が速やかに行われますよう、お祈りいたしております。

 

 


nice!(1) 
共通テーマ:学校

「熊本地震」災害支援活動(熊本にミサンガを送ろう) [部長室より]

 小学部では、「熊本地震」災害支援として、「熊本地震」発生直後の4月に募金活動を行いましたが、このたび、被災地の小学生の皆さんを応援したいと小学部児童全員による手作り「ミサンガ」を送ることにしました。お送りする先は熊本市立龍田小学校の全児童の皆さん。先年、作新学院が全校をあげて「アフリカ一万足プロジェクト」を展開した折にご協力いただいた熊本県山鹿市立八幡小学校様のご紹介です。

 小学部では、熊本の復興や、龍田小学校の皆さんの健康等をお祈りしながらミサンガを作りました。決して難しい編み方ではありませんが、そうはいっても1・2年生にとっては簡単ではありません。そこで、1年生には6年生が、2年生には5年生が、傍らで手を取るように編み方を教え、一緒に仕上げました。

 mini_CIMG3975.jpgmini_CIMG3962.jpg

mini_CIMG3965.jpg

 小学部では日常的に見られる異学年交流。上級生と下級生が協力して作り上げたという気持ちも持てたのではないかと思います。

 仕上がったミサンガ。

mini_IMG_3978.jpg

 ミサンガはそもそも単なるアクセサリーではなく、厄災や病魔から自身や家族を守るためのお守りとして古くからメキシコで身に着ける習慣があったそうで、起源は2000年以上前に遡るそうです。

 ところで、ミサンガは色によって願いの意味が違うのだそうで、小学生に送るのに相応しい色として  「白」「黄色」「黄緑」「オレンジ」の4色を選びました。

 「白」・・・健康・落着き・爽やかさ

 「黄色」・・・平和・明るさ・勉強・知識・向上

 「黄緑」・・・友情・優しさ・和み

 「オレンジ」・・・希望・パワフル・笑顔・友情

 ミサンガは、メッセージ入りの封筒に入れて送ります。

mini_IMG_3981.jpg

mini_IMG_3982.jpgmini_IMG_3983.jpg

 心を込めて書いたメッセージ。封筒の裏には「くまモン」や「とちまるくん」のイラストを描いて。少しでも元気になってほしいとの子どもたちの気持ちです。

 mini_IMG_3998.jpg

 学年ごとにラッピングをして。6年生の作ったミサンガは龍田小学校の6年生に、1年生が編んだものは1年生の元に届くようにしました。

mini_IMG_4000.jpg

 

mini_IMG_4002.jpg

mini_IMG_4007.jpg

 7月14日、熊本に向けて発送しました。

 被災地の速やかなる復興、また、ミサンガを身に着けた龍田小学校の皆さんのそれぞれの願いが叶いますよう、切にお祈りいたします。


nice!(0) 
共通テーマ:学校

幼少交流会(2年生) [部長室より]

 6月23日(木)、作新幼稚園青組さんと小学部の2年生の交流会の日です。朝から雨が降ったり止んだり、どんよりした空模様。でも心は晴れやか、皆張り切って幼稚園に出かけました。

 まずは、開会式です。

 mini_IMG_3932.jpg

 青組さんの前で司会をするのも、もちろん2年生です。

 mini_IMG_3942.jpg

 堂々とした司会ぶりです。

 開会式の後は歌とゲームで楽しみました。

 mini_IMG_3951.jpg

 ゲーム「貨物列車」です。最後は長い長い列車になりました。

 さて、交流会のメインは「お店屋さんごっこ」です。2年生がお店を開き、幼稚園生にお買い物をしてもらうのです。

 2年生はもうずっと前からこの日のために準備を進めてきました。各クラス4つ、全部で12のお店を開きます。

 お寿司屋さん、ピザ屋さん、魚釣りのお店、ペット屋さん、珍しい虫を売るお店、帽子や靴やドレスを売るお店等、様々です。お店の看板を作り、売る品物を絵に描き、お買い物をしてもらうバッグを作り、または、おまけを作ったり・・・・・・、相談しながら、アイディアを出し合いながら、準備をしている2年生はとても楽しそうでした。

 mini_IMG_3935.jpgmini_IMG_3943.jpg

mini_IMG_3936.jpgmini_IMG_3937.jpg

 さあ、開店準備が整いました。「いらっしゃい、いらっしゃい。」の呼び声を合図に、どのお店にもお客さんが殺到しました。

 mini_IMG_3957.jpg

 mini_IMG_3968.jpg

 mini_IMG_3962.jpg

 買ったものを大切にバッグにしまいます。このバッグも2年生の手作りです。

 mini_IMG_3963.jpg

 買ったものを嬉しそうに見せてくれました。

 mini_IMG_3964.jpgmini_IMG_3965.jpg

 売り手も買い手も夢中になって、あっという間に売り切れのお店も出てきました。大興奮のひと時が過ぎて、・・・・・・・お店屋さんごっこの閉店です。

 小学部では低学年の2年生も、今日は、すっかりお兄さん・お姉さんの顔をしていました。幼稚園生のお世話がしっかりできました。幼稚園生にどんな風に話しかけたらいいのか、なんて声を掛けたらいいのか、考えたはずです。たった半日の体験でしたが、ちょっぴり大人になった2年生です。

 

 

 

 

 


nice!(1) 
共通テーマ:学校

幼小連携体験研修 [部長室より]

 作新幼稚園と小学部の連携行事の一つとして、教員の体験研修があります。幼稚園の教諭は小学部へ、小学部の教諭は幼稚園に出向き、それぞれ相手方の生活を体験するというものです。

 6月21日(火)、9時50分。幼稚園の玉山梨紗教諭が小学部での研修スタートです。

 玉山教諭は主に1年生のクラスで子どもたちと生活を共にします。

 1年1組の音楽の時間です。玉山教諭は、一昨年、現1年生が年中さんの時に副担任だったとのこと、子どもたちも懐かしそうです。

 mini_IMG_3843.jpgmini_IMG_3840.jpg

 ピアノの伴奏に合わせてゲームが始まると、早速一緒に。

mini_IMG_3860.jpgmini_IMG_3867.jpg

 1年3組の算数の授業です。

 mini_IMG_3894.jpg

 給食は、4年1組で。玉山教諭の感想、「幼かった子どもたちの成長した姿が見られて嬉しかったです。」

 方や、幼稚園に出かけた佐野教諭。年長組の子どもたちと1日を過ごしました。

mini_IMG_3852.jpg

 登園した子どもたちは、先ず、運動を始めます。ちょっと空模様が心配なので、室内で。夏休みに参加する「宮っこパレード」で披露するダンスの練習だとか、佐野教諭と子どもたちがとっているポーズは「ギョーザのポーズ」。

 mini_IMG_3856.jpg

 ちょっと晴れ間が見えたので、庭に出ました。前へ習え。 実は、佐野教諭は幼稚園教諭の有資格者で、幼稚園教諭の経験も有り、です。

 給食です。

 mini_IMG_3877.jpgmini_IMG_3885.jpg

 お祈りです。あれ、五郎丸ポーズ?1日体験研修を終了した佐野教諭の感想、「幼稚園の子どもたちは、小さいながらも先生たちのお話をよく聞いていてびっくりしました。

 6月22日(水)、体験研修2日目。今日は、幼稚園の菊地俊教諭が小学部で、小学部の伊藤尚毅教諭が幼稚園でそれぞれ研修を行います。

 菊地教諭は、現2年生が年長さんの時に担任でした。ですから、子どもたちは朝からそわそわ。菊地教諭の方を振り返っては、嬉しそうです。

mini_IMG_3900.jpgmini_IMG_3902.jpg

休み時間になると、皆が集まってきました。

mini_IMG_3905.jpg

 作新幼稚園出身の子どもたちだけでなく、クラス中が菊地教諭を囲んで、はい、ぱちり。

mini_IMG_3923.jpg

 給食は1年生の教室で。菊地教諭の感想、「皆、小学生らしくなっていてびっくりしました。子どもたちの成長する力はすばらしいですね。」

 さて、幼稚園に出かけた伊藤教諭です。どこかしらと思ったら、園庭の片隅、こんもりした丘の上に年少組の子どもたちに囲まれていました。「冒険している!」「虫探検!」と、子どもたち。

mini_IMG_3906.jpgmini_IMG_3909.jpg

 雨が降り出したのであわてて、室内に。汚れたり、濡れてしまったり。着替えの手伝いをする伊藤教諭。

mini_IMG_3914.jpgmini_IMG_3916.jpg

 優しい伊藤教諭に、子どもたちも数時間ですっかり懐いてしまいました。伊藤教諭の感想、「楽しかったです。あっという間に時間が過ぎてしまいました。」

 幼稚園と小学校では、生活リズムや子どもたちの様子・状況がずいぶん違います。知らない、わからない、慣れないことに、それぞれに戸惑いながらも互いの生活を1日体験することで、幼稚園・小学部双方の教諭が得るものや気づくことは多いと思います。お互いの教育活動の大変さや難しさ、面白さ、楽しさを少しでも理解し合うことができれば、幼少連携がさらに強まることと思います。


nice!(1) 
共通テーマ:学校

足尾植樹祭 [部長室より]

 5月28日(土)、小学部児童9名が足尾植樹祭に参加してきました。足尾植樹祭とは、日光市足尾の松木渓谷で行われる植樹のボランテイア活動です。小学部児童、中等部・高等学校の生徒、保護者の方、教員等、作新学院からは総勢50名の参加です。他に市内の中学校の生徒・先生、ボランティア団体の皆さんもおいでになっていました。

 8時20分学院出発。10時過ぎに現地到着。

mini_IMG_3708.jpg

 院長先生がすでにおいでになっていて出迎えてくださいました。

mini_IMG_3714.jpg

開会式での院長先生。顧問としてのご挨拶。

小学部の9名は9班。一人一本苗を手に植樹作業です。今年は大山桜と馬酔木の苗木を植えます。

mini_IMG_3716.jpgmini_IMG_3717.jpgmini_IMG_3718.jpgmini_IMG_3719.jpgmini_IMG_3721.jpgmini_IMG_3722.jpgmini_IMG_3723.jpg

mini_IMG_3724.jpg

mini_IMG_3725.jpg

自分の植えた馬酔木の苗木の前で、はい、チーズ。

mini_IMG_3727.jpg

mini_IMG_3728.jpg

作業を終えて。

mini_IMG_3730.jpg

院長先生も一緒に。

 mini_IMG_3734.jpg

 さあ、待ちに待ったお弁当の時間。植樹の後、爽やかな緑の中で頂くお弁当は本当においしかったです。

 作新学院が植樹祭に初めて参加したのは、平成15年度(当初は中等部のみの参加でした)。当時の足尾の山々は赤茶色の山肌を全面に晒していました。この山々が緑に覆われる日が果たしてくるのだろうかと、自分が植樹した小さな細い苗木を前に、なんとなく覚束ないような思いを抱いたのを覚えています。

 しかし、今、足尾の山にはずいぶんと緑が増えました。植樹した一本一本が大きく枝を張り、葉の緑色も深くなりました。多くの人が何年にもわたり苗木を根気よく植え続けてきたからです。大勢の人が力を合わせること、継続することが大きな成果につながるのだということを改めて感じた植樹祭でした。

mini_IMG_3746.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:学校

「熊本地震」災害支援活動(街頭募金) [部長室より]

 作新学院では、4月14日に発生し、大きな被害をもたらした「熊本地震」災害支援のために募金活動を行っていますが、4月23日(土)には街頭募金を実施しました。

 街頭募金は高等学校の生徒会、中等部の地球環境クラブの生徒たちが中心となって、オリオン通りの東武百貨店前、シンボルロード交差点入口、二荒山神社大鳥居前の三か所に分かれ12:00から約1時間行われました。

 作新幼稚園や小学部の子どもたちも募金に駆けつけました。

 mini_P1020906.jpg

 作新幼稚園の園児たちと小学部の児童、東武百貨店前で院長先生と。これからみんなで募金に行きます。

 mini_DSC_0747.jpg

 皆のやさしい気持ちが届きますように。

 mini_DSC_0787.jpg

 お父さん、お母さんと一緒にきましたと、小学部の児童。

 中等部の地球環境クラブです。街ゆく人々に協力を呼びかけます。

 mini_DSC_0751.jpg

 mini_DSC_0783.jpg

 mini_DSC_0761.jpg

 こちらは高等学校の生徒たちです。

 mini_DSC_0793.jpg

 理事長先生も街頭に立って。

 mini_DSC_0755.jpg

  mini_DSC_0753.jpg

 二荒山神社前です。ここでも、お父さんやお母さん、兄弟と一緒に募金にきてくれた小学部のこどもたちに逢いました。

 mini_DSC_0778.jpg

 mini_DSC_0775.jpg

 たくさんの皆様からの温かいお声かけやご協力に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 また、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。一日も早く穏やかな日々が戻りますようお祈りいたします。


nice!(0) 
共通テーマ:学校

6年生対象中学校オリエンテーション [部長室より]

 3月3日に、6年生対象の中学校オリエンテーションがありました。

 間もなく卒業式を迎える6年生、中学校という新しい世界への夢や希望を胸いっぱいに膨らませている反面、不安や心配で心が揺れることもあるはず。その不安や心配を少しでも和らげたいと、中等部の先生方から中学校についてお話をしていただきました。

 「中学校の生活について」、「中学校の学習について」、それぞれ大まかなお話の後、中等部の各教科主任より学習内容や学習の仕方などのアドバイスがありました。

 mini_IMG_3430.jpg

 中学校の先生って「怖そう。」と思って緊張していた児童たち。先生方の優しく丁寧な話しぶりに徐々に安心感が広がります。

 mini_IMG_9651.jpg

 真剣にメモをとるこどもたち。「中学校の生活について」のお話の最後、「人に必要なのは才能ではなくて目標を持つことである。」との言葉は子どもたちの心に響いたようです。

 mini_IMG_9653.jpg

 「学習について」のお話は、時々、冗談を交えて。子どもたちから笑い声が起こります。

 「国語」

 mini_IMG_3437.jpg

 「社会」

 mini_IMG_3439.jpg

 「数学」

mini_IMG_3441.jpg

 「理科」

 mini_IMG_9658.jpg

 「英語」

 mini_IMG_9655.jpg

 教科毎のお話。小学校と中学校の違い、何を学ぶか、ノートや辞書について、入学までにやっておくこと、中学校の学習で大切なのは「好奇心」等、それぞれに面白おかしく笑いを交え、質問タイムやゲームも取り入れ、しかもポイントを押さえて話してくださいました。「3匹の子豚」の話から疑問を持つことが大切です、と話を結んだのは社会の寺内先生。楽しかったです。

 子どもたちの中学校への不安は軽くなり、安心感や期待感が大きくなったようです。

 翌日の、子どもたちの日記の一部です。「最初は不安に思っていました。今日、中等部の先生方のお話を聞いてよかったです。安心して中等部に進学できそうです。」「「先生方の話はどれも面白くて思わず聞き入ってしまいました。中学校生活が楽しみです。」

 新しい世界に足を踏み入れる時、不安や心配はつきものです。不安だからといって足踏みをしていたのでは成長はありません。勇気をもって踏み出してほしいと思います。一生の友となる友人との出会いがあるかもしれません。新しい先生との出会いによって人生の道筋が少し見えてくるかもしれません。新しい体験の中で自分発見があるかもしれません。

 「6年生対象中学校オリエンテーション」の様子をお伝えしました。

 

 


nice!(0) 
共通テーマ:学校
前の10件 | - 部長室より ブログトップ