So-net無料ブログ作成

読み聞かせの会【4年生】 [4年生]

本日6時間目、アカデミアラボで、「読み聞かせの会」がありました。

mini_IMG_1201.jpg

保護者の皆さんによる朗読劇は、群読あり、ピアノ伴奏あり、さまざまな小道具を使った効果音まであって、子どもたちは物語の世界に引き込まれ、夢中で聞き入っていました。


最初は「給食番長」。わんぱくな一年生の男の子が主人公の物語です。

給食をきちんと食べない一年生たちと、残さず食べてほしい給食室のおばちゃんたちがくり広げる愉快な攻防戦は、最後には、「みんなのために作ってくれた給食を、美味しくいただこう」という場面で終わります。

「ひとの気持ちがわかる大人になってほしい」という、保護者の皆さんの願いが感じられました。

mini_IMG_1198.jpg


次の物語は、絵本「つなみ、てんでんこ はしれ、上へ!」でした。

mini_CIMG0850.jpg

8年前の東日本大震災の日、釜石市で起きた実際の出来事を、小学生の目線で描いた物語です。

昔から津波の脅威にさらされてきた釜石に伝わる「津波てんでんこ」という言葉が題名になっています。

「一人一人が自分の判断で逃げ、自分の命を守る」という教えを守って小学生たちが必死に逃げる場面は、朗読する皆さんの声や表情に緊迫感があり、子どもたちも真剣に聞き入っていました。

絵本を読み終わった後には、物語の舞台となった釜石市の復興の様子も紹介され、今の平穏な生活に感謝しながら生きてほしいという子どもたちへの言葉が心に残りました。

mini_CIMG0900.jpg


最後の物語は、絵本「あなたがとってもかわいい」でした。

保護者の方たちが、さまざまな赤ちゃんの表情の挿絵を手に持ち、「笑った顔がとってもかわいい」「泣いた顔も、びっくりした顔もかわいい」と、呼びかけるように朗読していく姿に、子どもたちは少し照れたような、嬉しそうな表情を浮かべていました。

二分の一成人式を迎え、生まれてから今までの十年間を振り返っている子どもたちへ、これから5年生になり、大きく育っていく子どもたちへの、温かい励ましのメッセージだと感じました。

mini_CIMG0878.jpg

結びには、クリスマス音楽会で4年生たちが演奏した「ふるさと」のピアノ曲が演奏されました。

残り少ない第一校舎での日々をすごす子どもたちにとって、思い出に残る学びの時間になりました。

mini_CIMG0852.jpg

nice!(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。